化粧崩れと毛穴の関係

化粧崩れと毛穴の関係

化粧崩れの中でも特に気になるのが毛穴落ちといわれる症状です。

 

毛穴落ちは毛穴が開いた状態のところにメイクをしてしまい、
開いた毛穴をファンデーションで埋めるようになってしまうことを言います。

 

ファンデーションでお肌をキレイに見せる筈が、毛穴を埋める形になってしまい、
毛穴がポツポツと逆に目立ってしまうので、メイク直しなどでは改善は難しい場合が多いようです。

 

化粧崩れや上記の毛穴落ちの原因と言われているのが乾燥です。

 

お肌が乾燥してしまうと、肌の保護機能が働いて
皮脂を過剰なほどに分泌するようになってしまい、化粧崩れが起きてしまいます。

 

この時分泌された「過剰な皮脂」が化粧崩れや毛穴落ちの原因となるのです。

 

最近ではお肌表面はベタついているのに、
肌の奥深くが乾燥しているというインナードライの方も増えているようです。

 

この毛穴落ちや化粧崩れを改善するためには、
毛穴開きそのものを改善するのが1番ですが、1日や2日で毛穴を元に戻すのはとても難しいことです。

 

その間はやはりメイクなどで隠すことになりますが、それには多少のコツがいります。
まずはファンデーションで毛穴を隠そうとはしないこと、です。

 

ファンデーションではなくその前段階、
ベースの段階で部分的にカバーすることを心がけると、メイクがあまり厚ぼったくなることがありません。

 

毛穴が目立つ原因は、へこんだ部分に光が当たって影が生まれるためです。
光を反射させるタイプのコンシーラーや下地などを使用すると良いでしょう。

 

その後のファンデーションは、スポンジで延ばすのではなく、
軽くお肌を叩くようにしてなじませるようにします。

 

そうするとファンデーションがお肌に密着するようになるので、
毛穴落ちや化粧崩れを防ぐことが出来る
ようになります。

 

勿論、メイクで隠すことが出きるようになったからといってスキンケアはしっかりと行いましょう。
毎日乾燥ケアを続けることによって、毛穴開きやメイク崩れも次第に起きなくなってくる筈です。